グローバルWi-Fiについて調べてみた

グローバルWi-Fiのまとめ

海外渡航用にモバイルWi-Fiルーターをレンタルしようと思った場合、真っ先に候補にあがってくるのは株式会社ビジョンが運営するグローバルWi-Fiです。業界最多の200カ国以上の国で使えるWi-Fi機器が借りれますので海外Wi-Fiを考える場合の基本になるサービスです。またパケットも定額制で、日本語による電話サポートも24時間対応している点はとても心強いサービスとなっています。

料金設定は?

グローバルWi-Fiの料金体系は業界最安値級となっています。イメージが湧きやすいように成田空港~シンガポールで1日レンタルした場合の費用を算出してみました。

渡航先 成田~シンガポール
基本料金/1日間 1,770円
手数料 0円
機器保証 0円

 

実際にはオプション追加でもう少し費用がかかる

成田からシンガポール間の場合、最小構成であれば1日1,770円でレンタルできることはわかりましたが、実際にはもう少し費用がかかるだろうな…という印象です。

 

なぜかというと、電源もオプションになっているからです。例えば次のようなものもオプションになっています。

 

  • 電源アダプター
  • 予備バッテリー
  • 補償プラン

 

渡航先の電源から充電を行うため、電源アダプターは必須でしょう。また紛失してしまった時や、壊してしまった時が心配な方は補償プランには入っておきたいものです。ここでは補償プランは置いておき、ひとまず電源アダプターは必須であると仮定します。

 

電源アダプターは1日あたり、216円ですので実際には1,916円あたりが妥当な数字ではないでしょうか。それでも某大手の国際ローミングと比較してみると1/3ほど金額が安い設定になっています。

 

関連ページ

WiMAXを海外で利用する際のデメリットとは?
WiMAXはアメリカや韓国で利用することができます。しかし、実際はかなりの制約があります。このページではWiMAXの海外での利用の問題点を挙げています。