海外で使えるWi-Fiのサービスのまとめ

海外でもインターネットを自由に使いたい!

海外でも国内と同じようにインターネットを使いたい。そう思ったことはありませんか?

 

  • 仕事で海外に行くのでPCをインターネットに繋ぐ環境が欲しい。
  • 海外旅行で撮った写真をクラウドサービスにすぐにアップロードしたい。
  • 旅先の様子をSNSでシェアしたい。

具体的にあげれば、海外でWi-Fiを使いたいシチュエーションはたくさんあげられます。でも国内携帯電話会社の国際ローミングプランて結構高いんですよね。

 

何かいい方法はないのか?あります!格安のWi-Fiレンタルサービスが!!

海外でのインターネットは格安のレンタル環境がおすすめ

海外Wi-Fiサービスを使うメリット

海外Wi-Fiレンタルサービスを使うと何がお得なのか?例えば、大手携帯電話会社の国際ローミングを使う場合、渡航先にもよりますが平均的な費用は1日あたり3,000円ほどです。一方で、海外Wi-Fiサービスを使う場合は数100円~と圧倒的にコストパフォーマンスが良いのです。

 

また、家族や仲間と渡航する場合は別途モバイルルーターを借りることでインターネットの環境を共有することができます。つまり個人の携帯電話を利用する場合よりも、お得にそしてよりフレキシブルに使うことができます。

 

データ通信の料金(パケット代)が安いのも特長です。国際電話が割高であるのはなんとなくイメージが掴める人も多いでしょう。海外旅行でデータ通信を行う場合も実は通話の時と同様なのです。定額制のプランであれば問題ないのですが、従量制のプランを選んでしまって使いすぎてしまうと思わぬ出費をしてしまうことになります。海外Wi-Fiサービスの場合は、基本的には定額制ですので、うっかり使いすぎてしまっても大丈夫です。

 

WiMAXなど国内用のモバイルルーターをお持ちの場合

WiMAXやワイモバイルなど国内用のモバイルルーターをお持ちの場合は、いまお使いのモバイルルーターをそのまま利用することも可能です。

 

例えばワイモバイルの場合はsoftbank系列の恩恵を受けてアジア・オセアニアから南北アメリカ・ヨーロッパまで広い範囲で国際ローミングを行うことができます。

 

一方、WiMAXの場合はアメリカと韓国で国際ローミングサービスを使うことができます。ただし、モバイルルーターではできません。海外でWiMAXを利用する場合はWiMAX搭載のPCが必要です。またパケ放題のサービスは無く、2時間5ドルあるいは24時間で3000ウォンといった時間制のプランが用意されています。

 

WiMAXはこちらのサイトがキャンペーン情報なども扱っておりおすすめです。 ワイマックス キャンペーン

 

 

海外Wi-Fiサービスを使うデメリット

今度は海外Wi-Fiサービスを使うデメリットについてご紹介しましょう。それは、通信会社によって利用可能な国に差があることです。例えば、北アメリカでは強い会社であってもヨーロッパではさほど強くないといったことがあります。

 

もちろん、大手の携帯電話会社であってもニッチな地域では国際ローミングに対応していない場合もあります。これについては、海外Wi-Fiのサービスを比較することであなたの利用目的にあった(渡航先にあった)プランを選択すれば問題にはなりません。

 

海外Wi-Fiのレンタルから実際の利用するまでのイメージ

次に海外Wi-Fiをレンタルから実際に利用するまでの流れを簡単にご説明します。サービスの提供元によってはここでご紹介する方法と若干流れが異なりますのでご了承ください。

 

インターネットでのお申し込み

あなたのニーズに合った海外Wi-Fiレンタルサービスを選びます。渡航先や宿泊日数、料金からあなたにあったサービスを選びましょう。

 

モバイルルーターをレンタル

空港や自宅、オフィスなど指定した場所でモバイルルーターを受け取ることができます。モバイルルーター以外の通信機器も選ぶことができますが、使い勝手の観点からモバイルルーターをおすすめしています。

 

渡航前にお手持ちのスマートフォンはモバイルデータ通信をオフ

国際ローミングサービスを利用していなければ問題ありませんが、自動切り替えで気がつかないうちに使ってしまっていた…なんてことが無いようにモバイルデータ通信をオフにしてしまいましょう。インターネットはWi-Fiで利用が可能です。

 

渡航先で利用しよう

データ通信の速度やエリアは渡航先によってまちまちですが、基本的には普段と変わらずお使いいただけます。

 

モバイルルーターを返却しよう

帰国したらモバイルルーターの返却をしましょう。空港で手渡しもできますが、郵送で返却できるサービスであれば郵送が便利です。

海外Wi-Fiレンタルはセキュリティにも強い

渡航先で無料の無線LANスポットがある場合は、それで十分と考える方もいらっしゃるかもしれません。確かに、ホテルの無線LANサービスなどであればある程度は信頼できるのですが、まちなかの無線LANスポットは怖いものがあります。

 

例えばデータ通信が暗号化されていないために、端末からの入力情報が丸見えであったり、PCが共有設定になってしまっていると勝手に接続できてしまったりします。国内でも気を付けなければいけないことですのが、海外であればなおさらですよね。

 

その点、モバイルルーターをレンタルした場合はあなただけのプライベートなネット環境になりますのでセキュリティーにも強くなります。